WISDOM 01 WISDOM 01 みんなの、使い方・工夫

「こんなときどう使う?」
いろんな工夫を、写真・動画でわかりやすく。

情報をチカラに WISDOM

できれば事前に対策したい!“テープテア”対策、どんな方法がいいの? |「ナノテアフィット」で事前に対策!


いま医療現場で話題の、“スキン-テア”。
スキン-テアができてしまうと、治療のための「材料費」も「手間」かかってしまいます。
材料費は病院の持ち出しとなることも多く、いま予防策が求められています。

スキン-テアの中でも、テープの剥離によって起こる“テープテア”は発生件数も多く*、事前の対策が重要視されています。
*スキン-テアの発生時の状況は、テープテア(医療用テープの剥離時)が17.5%を占め、最も多い。
(出展:「ベストプラクティス スキン-テア(皮膚裂傷)の予防と管理」一般社団法人日本創傷・オストミー・失禁管理学会、2015)


これまでは、固定テープの下に創傷被覆材を貼っておいたり、剥離剤を使って固定テープを丁寧にはがすなどの方法が取られてきました。

固定に使うテープ以外に材料が必要だし、費用と技術が必要に…

いずれもスキン-テアの予防的ケアとして大切ですが、創傷被覆材は高価ですし、剥離剤をうまく使うには技術も必要です。

費用技術に関するお悩みなら、skinixの「ナノテアフィット」を使えば解決するかもしれません。

ナノテアフィットの使い方はカンタン。
いつもの固定用テープの代わりに使うだけです。

これまでにないもっちりとしたゲルが、はがす時の肌のひっぱりを抑え、スッとやさしい肌離れを実現。
テープをはがすときの不安を軽減します。

ナノテアフィットなら、いつものテープの“代わりに”使うだけ。

しかもナノテアフィットは貼ってはがすだけだから高い技術が必要ありません。
さらにお手頃だから、専門の看護師さんだけでなくみんなで使うことができます。

事前に対策したい“テープテア”、ナノテアフィットを使って、院内のみんなで簡単に対策しましょう!

ナノテアフィット 製品ページへ


※費用試算はすべて、下記参考価格と使用量を元にしています。
・創傷被覆材 1㎠あたり6円、5cm×5cm使用
・剥離剤 1本1300円(30ml入)、1ml使用
・固定テープ(サージカルテープ) 25mm×9m巻で125円、20cm使用
・ナノテアフィット 25mm×5m巻で670円、20cm使用