WISDOM 01 WISDOM 01 みんなの、使い方・工夫

「こんなときどう使う?」
いろんな工夫を、写真・動画でわかりやすく。

情報をチカラに WISDOM

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方

NEW!


ガーゼの固定や入浴時の防水、褥瘡対策における皮膚の被覆などに使われるフィルムドレッシングの「エアウォールふ・わ・り」。

これまで使われるのは病院などの医療関連施設が多かったのですが、ご自宅でも使われることも増えてきました。
高齢で寝たきり状態の方の褥瘡対策や、けがをした部分の防水、ストーマ装具装着部位の防水や補助固定などにも使われています。

一般の方にまだあまり知られていないフィルムドレッシングは、ふつうのテープと比べると貼り方が少し複雑です。
使い慣れない方にも安心して使ってもらえるよう、詳しい貼り方をご紹介します。

●貼る前に…

>オモテとウラがあります

エアウォールふ・わ・りは極薄の繊細なフィルムなので、両面を保護フィルム(オモテ)と紙(ウラ)に挟まれています。
粘着ゲルのついているウラの紙をまずはがして、肌に貼り付けた後に、オモテの保護フィルムをはがします。

>ウラの紙の切れ目は、2種類

基本は「ダブルスリット」で2本の切れ目があり、ウラの紙が3枚に分かれます。
50mm幅と「シングルスリット」は、ダブルスリットとスリット位置が異なり、ウラの紙が2枚に分かれます。
シングルスリットは、作業手順を減らしたい方におすすめです。
貼り慣れていない方には、100mm幅と150mm幅のタイプでは、ダブルスリットをおすすめします。

●貼り方

100mm幅のエアウォールふ・わ・り(ダブルスリット)を使用して説明しています。
(シングルスリットでもほとんど貼り方は変わりません。パッケージをよくご覧ください)

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

1

テープを使いたいサイズにあらかじめカットします。

【Point】
角を丸くカットすると、よりはがれにくくなります。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

2

ウラの中央の紙をはがします。
残りの両端の紙は持ち手にするので、はがさないでください。

【Point】
両端を少し曲げると紙がはがしやすくなります。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

3

テープの両端を持ち、貼ります。

【Point】
持ち手があるので、手袋のまま貼れます。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

4

両端の紙をはがし、テープを端まで貼ります。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

5

テープ全体を押さえ、しっかり肌へ密着させます。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

6

ピンクのテープの端から、オモテのフィルムをゆっくりはがします。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

7

残りのフィルムも中央からゆっくりはがします。

エアウォールふ・わ・り 基本の貼り方|自宅でも貼れる!フィルムドレッシングのわかりやすい貼り方の画像

8

最後にテープを肌になじませて完成です。

●はがし方

テープのふちを指の腹でやさしくこすり、少しはがします。

はがしたところを持ち手にして、テープを肌と平行に引っぱりながら、ゆっくりはがします。

 

 

 

 

 


フィルムドレッシング「エアウォールふ・わ・り」の基本の貼り方をご紹介しました。
ご自宅で家族に貼られる方へのご紹介などにもぜひご活用ください。

また、この貼り方をA4サイズにまとめた資料もあります。
患者さんや患者さんのご家族にお渡しされるときなど、印刷したものが必要な場合は、こちら(CONTACT US)よりお気軽にお問い合わせください(医療従事者の方限定)。

エアウォールふ・わ・り 製品ページへ